2008年06月15日

妖怪[伴かづぎ]

妖怪事典伴かづぎ


トモカヅキとは、三重県鳥羽市や志摩市に伝わる、海の妖怪である。



概説

トモカヅキは、海人などの海に潜る者にそっくりに化けるという。つまり、海には自分一人だけのはずなのに、自分そっくりの身なりの人がいるということになる。また、トモカヅキは、人を暗い場所へと誘ったり、アワビを差し出したりする。この誘いに乗ってしまうと、命が奪われると恐れられている。海中作業中の譫妄ではないかとも言われている。なお、「カヅキ」とは「海人」のことである。



関連項目


  • 鳥羽市

  • 志摩市

  • セーマンドーマン(トモカヅキの魔除け)

  • 忍たま乱太郎(作中にトモカヅキが登場した)

    Quotation:Wikipedia - Article - History  License:GFDL
  • posted by 龍 at 04:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2008年06月14日

    妖怪[一本だたら]

    妖怪事典一本だたら



    一本だたら、一本踏鞴(いっぽんだたら)とは、日本に伝わる妖怪の一種で、熊野(和歌山県)の山中などに棲み、一つ目で一本足の姿をしている。



    概要

    和歌山と奈良県の境の華無山脈では12月20日のみ現れるといい、この日は「果ての二十日」と呼ばれて厄日とされた。華無の名の由来は「果ての二十日」に人通りが無くなるからだともいう村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社、2000年、40頁。ISBN 4-620-31428-5。。奈良県の伯母ヶ峰山でも同様に、12月20日に山中に入ると一本だたらに遭うといい、この日は山に入らないよう戒められている。こちらの一本だたらは電柱に目鼻をつけたような姿といい、雪の日に宙返りしながら一本足の足跡を残すという。また伯母ヶ峰山の一本だたらは、猪笹王というイノシシ|猪の霊が化けた鬼神を指すこともある。猪笹王は旅人を食い殺して人々から恐れられていたが、ある高僧が地蔵を勧請したことでこの凶行は止んだ。しかぁ 7G/$K0lEY!"12月20日だけは猪笹王が自由になるのだという宮本幸枝・熊谷あづさ 『日本の妖怪の謎と不思議』 学習研究社、2007年、75頁。ISBN 4-056-04760-X。。人間を襲うという伝承が多いが、なぜか郵便屋だけは襲わないといわれる。名称の「だたら」はたたら吹き|タタラ師(鍛冶師)に通じるが、これは鍛冶師が重労働で片目と片脚が萎えること、一本だたらの出没場所が鉱山跡に近いことに関連するとの説がある多田克己 『幻想世界の住人たち IV 日本編』 新紀元社、1990年、39頁。ISBN 4-915-14644-8。(隻眼#神話・伝説の中の隻眼を参照)。一つ目の鍛冶神、天目一箇神(あめのまひとつのかみ)の零落した姿であるとも考えられている。2004年春には、和歌山県田辺市の富田という地域の田で1本足の足跡が発見され、「鼻 YED$N$,$7$c$s$\!W$H8F$P$l!"一本だたらやかしゃんぼ|がしゃんぼ(かしゃんぼ)の復活かと話題になった山口敏太郎・天野ミチヒロ 『決定版! 本当にいる日本・世界の「未知生物」案内』 笠倉出版社、2007年、105頁。ISBN 4-773-00364-2。。奈良県吉野郡の松本工房では、一本だたらの伝承をもとにした民芸品「一本足だたらこけし」を2005年より販売しており、妖怪土産として秀逸な一品との声もある宮本幸枝著・村上健司監修 『大人が楽しむ地図帳 津々浦々「お化け」生息マップ - 雪女は東京出身? 九州の河童はちょいワル? -』 技術評論社、2005年、37頁。ISBN 4-774-12451-6。。また、富山県上新川郡(現・富山市)、岐阜県北部の飛騨地方、岡山県都窪郡に伝わる妖怪の雪入道(ゆきにゅうどう)も一つ目と一本足の大入道で、雪の上に30cmほどの大きさの足跡を残すというが『妖怪事典』 3! 57頁。一本だたらと特徴が共通することから、文献によっては同一の妖怪として混同されている草野巧 『幻想動物事典』 新紀元社、1997年、33頁。ISBN 4-883-17283-X。



    脚注




    関連項目


  • 日本の妖怪一覧

  • キ (中国神話) - 中国の一本足の妖怪。

    Quotation:Wikipedia - Article - History  License:GFDL
  • posted by 龍 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2008年06月13日

    妖怪[あまんじゃく]

    妖怪事典あまんじゃく



    天の邪鬼(あまのじゃく、あまんじゃく)は、悪鬼神もしくは小鬼、また日本の妖怪の一種とされる。河伯、海若とも書く。



    由来

    仏教では人間の煩悩を表す象徴として、四天王や執金剛神に踏みつけられている悪鬼、また四天王の一である毘沙門天像の鎧の腹部にある鬼面とも称されるが、これは鬼面の鬼が中国の河伯(かはく)という水鬼に由来するものであり、同じく中国の水鬼である海若(かいじゃく)が「あまのじゃく」と訓読されるので、日本古来の天邪鬼と習合され、足下の鬼類をも指して言うようになった。日本古来の天邪鬼は、記紀にある天稚彦(あめのわかひこ)や天探女(あまのさぐめ)に由来する。天稚彦は葦原中国を平定するために天照大神によって遣わされたが、務めを忘れて大国主神の娘を妻として8年も経って戻らなかった。そこで次に雉名鳴女を使者として天稚彦のもとへ遣わすが、天稚彦は仕えていた天探女から告げられて雉名鳴女を矢で射殺するが、その矢が天から射返されて、天稚彦自身も死んでしまう。天探女はその名が表すように、天の動きや未来、また人の心を探ることができるシャーマン的な存在とされており、この説話が後に、人の心を読み取って反対に悪戯をしかける小鬼と変化していった。本来、天探女は悪者ではなかったが天稚彦に告げ口をしたということかぁ i!"E7$Nl9g$,B?$$!#!V$&$j$3$R$a$H$"$^$N$8$c$/|うりこ姫」等、昔話(日本の童話)にも登場する。



    転用

    「人の心を見計らって悪戯をしかける子鬼」とされることから転じて、現代では「他者(多数派)の思想・言動を確認したうえで、あえてこれに逆らうような言動をする"ひねくれ者"、"つむじ曲がり"」「本心に素直になれず、周囲と反発する人」またはそのような言動を指して、「あまのじゃく(な人)」と称されるようになった。



    関連項目


  • アメノワカヒコ

  • 日本の妖怪の一覧

  • 伝説の生物一覧

    Quotation:Wikipedia - Article - History  License:GFDL
  • posted by 龍 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2008年06月12日

    妖怪[座敷童子]

    妖怪事典座敷童子


    座敷童子(ざしきわらし)は、主に岩手県に伝えられる精霊的な存在。座敷わらしに会えると評判の宿は岩手県の金田一温泉「緑風荘」と岩手県盛岡市天神町にある「菅原別館」。他に民宿「とおの」、最近では民宿「わらべ」、金田一温泉「仙養舘」の座敷童子が有名。



    概要

    一般的には、赤面垂髪の5、6歳くらいの小童(童子のことも童女のこともある)で、豪家や旧家の奥座敷におり、その存在が家の趨勢に関ると言われるため、これを手厚く取り扱い、毎日膳を供える家もある。座敷童子は悪戯好きで、夜になると客人の布団の上にまたがったり枕を返したりするが、見たものには幸運が訪れるといわれる。小さな足跡を灰やさらし粉の上に残し、夜中に糸車を回す音を立てるともいわれ、奥座敷で御神楽のような音を立てて遊ぶことがある。また家人が一人で縫い物をしていたとき隣の部屋で紙ががさがさする鼻を鳴らす音がするので板戸を空けると誰もいないなどの話が伝わっている。姿は家の者以外には見えず、子供には見えても、大人には見えないとする説もある。狐持や犬神持に類似した構造を持つが、座敷童子の住んでいることを迷惑がらず、むしろ神として保護し、周囲の人間も座敷童子のいる家に対して一種畏敬の念を持っぁ F@\$9$kE@$,!"$=$l$i$H$O0[$J$k!#:BI_F8!":BI_F8=0!":BI_$\$C$3!"B"%\%C%3!"8fB"%\%C%3!":BI_K7吉成勇編 『歴史読本特別増刊・事典シリーズ〈第16号〉日本「神話・伝説」総覧』 新人物往来社、1992年、256-257頁。、ウスツキコとも地方によって呼び方はいろいろ。主に岩手県を中心として報告されているが青森・宮城・秋田など東北各県にも分布すると言われる。柳田國男の『遠野物語』や『石神問答』などにより知られる。『遠野物語』には17話・18話に座敷童子の話がある。「この神の宿りたまふ家は富貴自在といふことなり」とのこと。『遠野物語』での表記は「ザシキワラシ」または「座敷ワラシ」。「ザシキワラシは座敷童衆なり」の注がある。『十方庵遊歴雑記』には、岩手県江刺市(現・奥州市江刺区)稲瀬の座敷童子についての記述が見られ、家の土間\xA1 $K$$$k座鼻 _F8;R を、「コメツキワラシ」、「ノタバリコ」、「ウスツキコ」等と言い、 奥座敷にいる色の白い最も綺麗な座敷童子を「チョウビラコ」と呼んでいる。少女の姿や男女二人など複数のワラシが住み着いていることもある。 手を出して人を招き、火事、洪水、津波などの災禍を知らせる為、「細手」、「長手」と呼んでいる例もある。 これに類するものに遠州門谷の「座敷坊主」、徳島の「赤しゃぐま|アカシャグマ」、 「クラワラシ」、「倉ぼっこ|クラボッコ」と呼ばれる、土蔵の中にいる座敷童子も存在する。石川の「枕返し|マクラガエシ」は、ある家の座敷に寝ると、特に二本差しや髭を立て洋服を着て高慢な顔をしたものが泊まると隣室に引き出すという。四国金毘羅宮の、奥の院周辺の家には、夜になると仏壇の中から「アカシャグマ」が出てきたという。アカシャグマとは、赤く染めたクマの毛のことで、これを被った小さな子供のようなものが、家の持ち主の婆さんをくすぐることが毎晩ぁ @$C$?$H$$$&!#9a@n8)Bg@n74GrD;D. (香川県)|白鳥町(現・東かがわ市)に伝わる座敷童子は童女姿で、髪の毛がショボショボに垂れていることから「オショボ」と呼ばれ、家の者には見えないとも家の者のみに見えるともいう多田克己 『幻想世界の住人たち IV 日本編』 新紀元社、1990年、261頁。ISBN 4-915-14644-8。村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社、2000年、80頁。ISBN 4-620-31428-5。。『別冊太陽 日本の妖怪』(平凡社)には「オボジョ」の名で同様の妖怪の記述がある谷川健一監修 『別冊太陽 日本の妖怪』 平凡社、1987年、134頁。。白い座敷童子は吉事の前触れであり、赤い童子(赤い顔、赤い服、赤い手桶を手にした童子)が目に見えるのは、童子が家を出て行くことによる凶事の前触れとの説もある。赤い服の童子を見た家族一同\xA1 $,CfFG;`$7$?;vNc$b$"$k早川和樹編\xA1 \xA1 X$3$o$$OC - あなたの知らないニッポンの“恐怖”』 ミリオン出版、2008年、102-103頁。ISBN 4-813-02076-3。。また『遠野物語』にも、座敷童子が去った家の家族数十人が毒茸を食べて全員中毒死するという事件が起こり滅びてしまったと書かれている座敷童子の由来は明白でないが、中世から昭和初期までの東北地方には、口減らしの為に新生児を間引いて屋内に埋める風習があり(現代であればもちろん殺人及び死体遺棄である)、その間引かれた子供の霊を祭る信仰を核として、呪術師の使役する役霊、仏教でいう護法童子、 民間でいう心得童子の信仰が加味され、今日に伝わったものと考えられる。この場合、東北地方の蚕神、竈神として祭られる「オクマイサマ」、「おしら様|オシラサマ」と同様、鎮魂信仰としての側面が強い。柳田國男によればザシキワラシの起源を仏教の守護霊として「高僧が護法童子を天より呼んだのと同じく」民間屐 `=w$N.$5$J6u4V$,$"$j!V@N$O2H$K1c2q$,$"$l$PI,$::BF,$r4-$S!W!"!V$3$l$r$b$?$;CV$/It20!W$@$H@bL@$5$l$F$$$k$,$b$C$H86=iE*$K8@$($P2H$N。ザシキワラシが出て行ったことにより家が没落した話は、貧乏神が出て行くことで裕福になった昔話『貧乏神』と同じである。家を富ますこともできる貧乏神は福の神でもあるわけで、ザシキワラシの富貴自在とも一致する。富と貴の重層性は、家に居着く神を語る民間伝承のパターンといえる。童子と老人がともに神性を体現する姿だということは、民俗学によって明らかにされていることである。ザシキワラシのいる家が旧家であり、間引かれた子たちの霊と重ねられたり、村の外から訪れた六部(六部、座頭、遍路、山伏等)を泊めて殺害し所察 }6b$rC%$$IYM5$K$J$C$?$,!";&$5$l$?$b$N$Nc.$j$G;R6!$,Aa;`$K$7$?$! jIT6q$K$ J$k$J$IIT9,$,$D$E$-2H$,KWMn$7$F$$$/L>2H$NKWMnEA>5$H7k$SIU$1$i$l8l$i$l$F$$$k$J$I!"%6%7%-%o%i%7$OB座敷童子に対する村人たちの視線の複雑さ。)を象徴する存在でもある。また、民俗学者・小松和彦は文化人類学的視点から童子に注目し、村落における家の盛衰や富の移動の問題を取り上げ、その属性には管狐|イズナ使いなど「動物霊としての憑き物」とほとんど重複しているとし、そこに抱え込んでいる「精霊がついている」家に共同体の優越性と劣等性や、「民族社会内のそれも特に旧家層における貧富の差およびその変動の説明原理」としての童子霊の信仰について分析している。口減らしのために間引くことを「臼殺(うすごろ)」と言い、間引く子を石臼の下敷きにして殺し土間、台所等に埋める風習があり、また生後間もなく死亡した新生児を逆児と呼び同様に埋めるともいう。間引いた子供の霊が、雨の日にぶるぶる震えながら縁側を歩く様を目撃されたり、客に悪戯\xA1 $J$I$N9T0Y$r$9$k$H8@$o$l$F$$$k!#$=$NNn$,?gL2IB$d座敷童子を家に居つかせて福をもたらし栄えさせようと、部屋の一角に子供が好む小部屋を作る風習もある。しばしば小説や映画やドラマの題材になる。文学上の座敷童子について、よくあるモチーフは以下の通り。*子供たちと座敷童子が遊ぶ。その姿は大人には見えない。

  • 子供たちが集まっている。数を数えると一人多いのだが、誰が多いのかわからない。しばらくしてもう一度数を数えると、こんどはちゃんと合っている。さっき多かった一人は座敷童子であろうということになった。



    座敷童子が登場する作品

    漫画

  • うしおととら

  • ゲゲゲの鬼太郎 - ゲゲゲの鬼太郎の登場人物#鬼太郎とその仲間たちを参照。

  • 地獄先生ぬ〜べ〜

  • ちびもの

  • Pの悲劇

  • XXXHOLiC

  • ざしきわらし

  • ACONY

  • 優&魅衣

  • まんが日本昔ばなし

  • ワンダフルデイズ

  • さよなら絶望先生(小森霧は全国座敷童子連盟の会員という設定)

  • 妖怪のお医者さん

  • わらび奇譚

  • 妖逆門

  • 魔人探偵脳噛ネウロ(番外編にてギャグとして登場)
    アニメ

  • キテレツ大百科

  • モノノ怪

  • 妖逆門

  • クレヨンしんちゃん
    特撮

  • 忍者戦隊カクレンジャー
    小説

  • くらのかみ

  • ぺとぺとさん(和賀八郎。他人の秘密を皆に言いふらす油断大敵の人物)

  • ユタとふしぎな仲間たち

  • 愛しの座敷童子

  • Missing9〜11巻 座敷童の物語

  • 天井うらのふしぎな友だち

  • 雨ふり花さいた

  • 今日抄 雪女

  • 座敷童にできるコト
    映画

  • 河童のクゥと夏休み
    テレビドラマ

  • どんど晴れ
    童話

  • ざしき童子のはなし(宮沢賢治)
    ゲーム

  • 流行り神2



    芸術における座敷童


  • ユタとふしぎな仲間たち|ユタと不思議な仲間たち(劇団四季ミュージカル)



    脚注




    関連項目


  • 日本の妖怪一覧

  • 仙台四郎

  • 自然霊

  • 座敷童子 (小惑星)

  • 富士見町駅 (鳥取県)|富士見町駅

  • 緑風荘

  • 菅原別館

    Quotation:Wikipedia - Article - History  License:GFDL
  • posted by 龍 at 04:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2008年06月11日

    妖怪[朧車]

    妖怪事典朧車


    『今昔百鬼拾遺』
    朧車(おぼろぐるま)は日本の妖怪である。平安時代の京都で、貴族らが使用していた牛車の場所の取り合いによって亡くなった女の怨念が牛車に乗り移った妖怪。雲のかかった朧月の夜、道を歩いていると後ろから牛車の音がする。
    振り返ってみると普段暖簾のかかっている部分に夜叉の顔をした巨大な女の顔があったという。



    関連項目


  • 日本の妖怪一覧


    Quotation:Wikipedia - Article - History  License:GFDL
  • posted by 龍 at 04:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。