2005年11月23日

妖怪[一反木綿]

妖怪事典一反木綿


一反木綿(いったんもめん)は妖怪の一種。一反(約11m)ほどの長さの白い木綿の布のような形をした。夜中に道を歩いている人がいると、どこからともなくひらひらと飛んで来て身体や首に巻きついてくる。鹿児島県高山地方では、人を殺すこともあるという。どう見ても布のようで生物|生き物には見えないが、ある侍が一反木綿に襲われとっさに刀で切りつけたところ、その刀に血が残ったとこう話がある。

Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL


posted by 龍 at 04:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。