2005年11月21日

妖怪[産女]

妖怪事典産女


産女(うぶめ)は、妊婦の妖怪。憂婦女鳥とも表記する。死んだ妊婦をそのまま埋葬すると、「産女」になるという概念は古くから存在し、多くの地方で子供が産まれないまま妊婦が産褥で死亡した際は、腹を裂いて胎児を取り出し、母親に抱かせたり負わせたりして葬るべきと伝えられている。胎児を取り出せない場合には、人形を添えて棺に入れる地方もある。『百物語評判』、『奇異雑談集』、『本草綱目』、『和漢三才図絵』などに扱われ、多くは血に染まった腰巻きを纏い、子供を抱いて、連れ立って歩く人を追いかける。長崎県では「ウンメ」と言い、 若い人が死ぬとなるとも伝えられ、宙をぶらぶらしたり消えたりする、不気味な青い光として出現する。茨城県では、「姑獲鳥(うぶめどり)」が伝えられ、よく他人の子を攫い、育てて我が子とする。また我が子の着物と思ってその着物に乳、もしくは血を垂らして印を付けるが、それには毒があり、やがて子供は「無辜疳(むこかん)」と呼ばれる病にかかる。鬼神の類である為、人の魂魄を喰らい、七  "H,7n$N2F$NLk$KHt$s$G?M$rOG$o$9$H$$$&!#JLL>$rLk9TM7=w!"E7Dk>/=w!"F}JlD;!"54D;$H$b$$$&!#!V8H3MD;!W$NL>A0$K8+$($kMM$K!"?M4V$N:2$N>]D'$G$"$kD;$H$7$FI=8=$5$l$k$3$H$,B?$$$,!"?pC{$H$7$F$ND;$G$O$J$/!"$`$7$ms,!J%L%(!K$HF1$86'D;$H$7$F$N?':L$,6/$$!#@6>t$J2P$d>l=j$,!"=w@-$r4wHr$9$k798~$OA49qE*$K8+$i$l$k$,!"$C$F!"産女の抱く赤子は、穢れや渾沌の表象であり、これを手渡されるということは、産まれた時に分離したモノと再び融合すること、すなわち死ぬことになる。しかし、逆にこの渾沌を再び駆逐すれば、更なる知に通じる事にもなる。波間から乳飲み児を抱えて出、「念仏を百遍唱えている間、この子を抱いていてください」と、通りかかった郷士に懇願する山� 7ABgB"B<$N産女の話では、女の念仏が進むにつれて赤子は重くなったが、それでも必死に耐え抜いた武士は、以来、怪力に恵まれたと伝えられている。この話の姑獲女は波間から出てくる為、「濡女」としての側面も保持している。鳥山石燕の『画図百鬼夜行』では、両者は異なる妖怪とされ、現在でも一般的にそう考えられてはいるが、両者はほぼ同じ存在であると言える。怨霊となった女性は、基本的にはウブメの性質を継承しており、悲哀を感じさせるその存在は、後世、江戸の怪奇小説などに登場する怨霊たちに継承され、江戸の幻想文学に影響をあたえた。




関連する作品


  • 姑獲鳥の夏(うぶめのなつ) - 京極夏彦著

  • 日本の妖怪の一覧


    Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL


  • posted by 龍 at 04:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:


    この記事へのトラックバック
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。