2008年02月23日

妖怪[窮奇]

妖怪事典窮奇


窮奇(かまいたち、きゅうき)は、妖怪の一種。



日本の窮奇(かまいたち)

窮奇(かまいたち、鎌鼬とも書く)は、甲信越地方に多く伝えられる魔風の怪。「構え太刀」のなまりであると考えられるが、鳥山石燕の『画図百鬼夜行』「陰」の「窮奇」に見られるように、転じてイタチの妖怪として描かれ、今日に定着している。『和漢三才図絵』には、イタチも魔物の一種として扱われており、群れると不吉で、夜中に火柱を起こし、それが消える所には火災が起きるとされている。また、イタチは後脚で立ち、人の顔を見つめることがあるが、このとき、キツネと同じく眉毛を読んで人を騙すと言われることから、イタチの妖力と「構え太刀」の語感が混同されて出来上がった語訳であろうと考えられている。ただし、次項で触れるような、旋風による負圧が人の肌を裂く現象が実際にあるとすれば、この風怪のイメージそのものは、何よりもそれを説明するために生まれたと考えるのが妥当だろう。


[窮奇の伝承]

人を切る魔風は、中部地方|中部・近畿地方やその他の地方にも伝えられ、寒風の吹くおりなどに、転んで足に切り傷のような傷を受けるものをこの怪とする。信越地方では、カマイタチは悪神の仕業であるといい、暦を踏むとこの災いに会うという俗信がある。飛騨国|飛騨の丹生川流域では、この悪神は3人連れで、最初の神が人を倒し、次の神が刃物で切り、三番目の神が薬をつけていくため出血がなく、また痛まないのを特色とするのだと伝えられる。奈良県吉野郡地方でも、人の目に見えないカマイタチに噛まれると、転倒し、血も出ないのに肉が大きく口を開くという。現代では、旋毛風の中心にできる負圧が、肉を裂く現象と説明されている。武蔵国|武蔵地方で「カマカゼ」、静岡県で「アクゼンカゼ」、また、性質を異にするが、「堤馬風(ダイバカゼ)」と呼ばれる、人間を殺傷する魔風の存在する地方もある。山口県豊浦郡でいう「ヤマミサキ」は、深山に出る怪で、人の生首の形をして落ち葉の上を車のように飛んだりする魔風である。人がその風に会うと大熱を起こすと言われ、萩市相島では、死後に行き場のない、風になってさまよっている亡\xA1 Nn$H$$$&!#$^$?33$G;`$s$@?M$dFqGK


中国の窮奇(きゅうき)

窮奇(きゅうき、Qi?ng-j?)は、中国の神話に登場する怪物の一つ。四凶の一つとされる。前足の付け根に翼を持ったトラの姿をしており、空を飛ぶ。ひねくれた性格をしており、人が喧嘩していると正しいことを言っている方を食べ、実直な者がいるとその鼻を食べ、悪人がいると獣を捕まえてその者に贈るという。山海経の「海内北経」では人食いの翼をもったトラと説明しているが、「西山経」四の巻では、ハリネズミの毛が生えた牛と説明している。



関連項目


  • 妖怪

    Quotation:Wikipedia - Article - History  License:GFDL


  • posted by 龍 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:


    この記事へのトラックバック
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。