2005年10月11日

妖怪[蟻鞍の婆]

妖怪事典蟻鞍の婆


蟻鞍の婆(ありくらのばば)とは岐阜県高山市で伝承される老婆の姿をした妖怪。不思議な術を使う仙人のような存在として伝承されており、小烏山が噴火の予兆を示した際、7日目に祈りを捧げ山の鳴動を止めたり、温泉に馬の爪を投げ入れ、ただの水に変えてしまったりした、といった逸話が残されている。


外部参照リンク
国際日本文化研究センター「怪異・妖怪伝承データベース」アリクラノババ

Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL


posted by 龍 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。