2005年09月22日

妖怪[産女]

妖怪事典産女


産女(うぶめ)は、妊婦の妖怪。死んだ妊婦をそのまま埋葬すると、「姑獲女ウブメ」になるという概念は古くから存在し、多くの地方で子供が産まれないまま妊婦が産褥で死亡した際は、腹を裂いて胎児を取り出し、母親に抱かせたり負わせたりして葬るべきと伝えられている。胎児を取り出せない場合には、人形を添えて棺に入れる地方もある。『百物語評判』「うぶめの事」、『奇異雑談集』「産女の由来の事」などに扱われ、多くは血に染まった腰巻きを纏い、子供を抱いて、連れ立って歩く人を追いかける。長崎県では「ウンメ」と言い、 若い人が死ぬとなるとも伝えられ、宙をぶらぶらしたり消えたりする、気味の悪い青い光として出現する。茨城県では、衣服を夜干しにすると、「ウバメトリ」が、わが子の着物と思ってその着物に乳をしぼるが、それには毒があると伝えられる。ウバメトリの名前に見える様に、人間の魂のシンボルである鳥として表現されることが多いが、瑞兆としての鳥ではなく、むしろ鵺(トラツグミ)と同じ凶鳥としての色彩が強ぁ $!#@6>t$J2P$d>l=j$,!"=w@-$r4wHr$9$k798~$OA49qE*$K8+$i$l$k$,!"$C$F!"8H3M=w$NJz$/@V;R$O!"cR$l$d^UFY$NI=>]$G$"$j!"$3$l$r'$($F$$$k4V!"$3$N;R$rJz$$$F$$$F$/$@$5$$!W$H!"DL$j$+$+$C$?6?;N$K:)4j$9$k;37ABgB"B<$N産女の話では、女の念仏が進むにつれて赤子は重くなったが、それでも必死に耐え抜いた武士は、以来、怪力に恵まれたと伝えられている。この話の姑獲女は波間から出てくる為、「濡女」としての側面も保持している。鳥山石燕の『画図百鬼夜行� !Y$G$O!"N>5$7$F$*$j!"Ha0%$r46$8$5$;$k$=$NB8:_$O!"8e@$!"$*4d$d$*5F$H$$$C$?9>8M$N1eNn$?$A$K7Q>5$5$l!"9>8M$N88A[J83X$K1F6A$r$"$?$($?!#



関連する作品


  • 姑獲鳥の夏(うぶめのなつ) - 京極夏彦著

    Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL


  • posted by 龍 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:


    この記事へのトラックバック
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。