2008年05月31日

妖怪[九尾の狐]

妖怪事典九尾の狐


より)
九尾の狐(きゅうびのきつね)とは、9本の尻尾をもつ妖狐。つまり、狐の妖怪である。



説明

狐を魔物、あるいは憑き物として語った伝承は日本だけでなく、古くから世界各地に残されている。九尾の狐もそうした狐にまつわる昔話のひとつであり、物語の多くでは悪しき霊的存在として登場する。しかし「周書」や「太平広記」のように、一部の伝承では天界より遣わされた神獣であると語られ、その場合は平安な世の中を迎える吉兆であり、幸福をもたらす象徴として描かれる。一説では、万単位の年月を経た狐がなるとも。また、殷の王「帝辛(紂王)」を誘惑して国を滅亡させる妲己や南天竺耶竭陀国(古代インド西域)の王子・班足太子の妃になった華陽夫人、御伽草子「玉藻の草紙」に登場する玉藻前を例とするように九尾の狐は絶世の美女へ化身するという話も多い。中国の伝説が朝鮮半島にも伝わっており、韓国では「九尾狐(クミホ)」と呼ぶ。同題名で1994年に韓国初のSFX映画作品「千年愛 -九尾狐-」がある。九尾の妖狐や九尾狐、単純に九尾、または2本以上の尻尾をもつ狐の総称であるオ\xA1 %5%-|尾裂狐とも呼ばれるが、狐を素材にした空想の化け物の中で最高位の存在といわれている。また、日本でもっとも知られる伝承としては、先述した玉藻前の正体とされる白面金毛九尾の狐であり、歌舞伎や人形浄瑠璃としても演じられて親しまれた。



特徴

紀元前2世紀から紀元3世紀頃にかけて中国で著された地理書『山海経』には実在とは思えぬ動植物の項が並んでいるが、その一書である南山経次一経の中に「有獣焉、其状如狐而九尾、其音如嬰児、能食人。食者不蠱。」とあるのが、九尾の狐に関する最初の記述と思われている。その後、中国の各王朝の史書に、九尾の狐はしばしば瑞獣としてその姿を見せる。日本において九尾の狐が知られるのは、「玉藻前」すなわち白面金毛九尾の狐に関する伝説が江戸時代に歌舞伎などの娯楽の題材としてよく採り上げられ広まったことによると見て間違いない。これによって日本では、九尾の狐と言えば玉藻前、玉藻前と言えば九尾の狐を指す代名詞となった。また、\xA1 0l@b$K$O6LAtA0!"U'8J!"2ZM[IW?M$OF10l?MJ*$H$9$k$b$N$b$"$k!#九尾の狐の姿は基本的に狐に9つの尻尾が生えた状態だが、近年の小説や漫画などの作品によって様々なバリエーションが存在する。これは九尾の狐が空想上の魔物であるがゆえに想像力を刺激された創作者によって気侭に表現された結果にすぎないわけだが、たとえば姿が人間ではあるが腰のあたりから9つの尻尾が生えていたり、狐の魂などが結集したグロテスクな九尾の狐も創作された。



九尾の狐と妖狐に関連する主な作品




[ 小説 ]


  • 「封神演義」

  • 「延喜式」

  • 「海録」

  • 「燕居雑話」

  • 「周書」

  • 「白虎通」

  • 「太平広記」

  • 「玄同放言」

  • 「三国悪狐伝(三国妖婦伝)」【妲己、華陽婦人、褒似(褒ジ)へと姿を変えた、千年狐狸精】

  • 河竹木阿弥 作 歌舞伎「妲己のお百」(吉原の遊女、お百)

  • 富樫倫太郎「殺生石 (小説)|殺生石」

  • 岡本綺堂「玉藻の前」

  • 西村寿行「蘭菊の狐」 (ヒロイン出雲阿紫、母親)

  • 有沢まみず「いぬかみっ!」【大妖狐】

  • さくまゆうこ「札屋一蓮!」【レイコ、ヨウコ】

  • 柴村仁「我が家のお稲荷さま。」【天狐空幻(てんこくうげん)】

  • 結城光流「少年陰陽師」【異邦の大妖・九尾】

  • 朝鮮民譚集「九尾の狐と小便」

  • 西野かつみ 「かのこん」「玉藻」


    [ 漫画 ]


  • 手塚治虫「どろろ」(ばんもんの巻)

  • 手塚治虫「百物語」【玉藻前】

  • 水木しげる「ゲゲゲの鬼太郎」【白山坊、天狐、九尾の狐、チー】

  • 好美のぼる「明治毒婦シリーズ・妲己のお百」

  • 藤田和日郎「うしおととら」【白面の者(はくめんのもの)】

  • 冨樫義博「幽☆遊☆白書」【妖狐・蔵馬(くらま)】

  • 柴田亜美「あやかし天馬」【玉藻(たまも)、白蔵主(はくぞうす)、小刑部(おさかべ)、宗丹(そうたん)、葛葉(くずのは)】

  • 高橋留美子「犬夜叉」【七宝(しっぽう)、三尾の狐(アニメ版)】

  • 田辺イエロウ「結界師」【黒芒楼の姫(黒芒(くろすすき)の化け狐)】

  • 椎名高志「GS美神 極楽大作戦!!」【タマモ】

  • 真倉翔・岡野剛「地獄先生ぬ〜べ〜」【玉藻京介(たまもきょうすけ)】【金毛玉面九尾の狐

  • 荒川弘「上海妖魔鬼怪」【九尾(くお)社長】

  • 木下さくら×東山和子「tactics」【ヨーコ】

  • 岸本斉史「NARUTO -ナルト-」【九尾の妖狐(きゅうびのようこ)】

  • 岩代俊明「みえるひと」【焔狐・狐門(コモン)】

  • 天津冴「まるごと杏樹学園」【白梶巴】【白梶ネネ】

  • 桑原ひひひ「きつねさんに化かされたい」【葉子(ようこ)】

  • 吉川うたた「すっくと狐」【唱・叶・与・小刑部姫・白蔵主・政宗etc】

  • 空知英秋「銀魂? 【狐火の長五郎】

  • 九条キヨ「ZONE-00」【紺之介】

  • 大亜門「太臓もて王サーガ」【陽子の母親】

  • 藤崎竜 画 安能務 原作「封神演義 (漫画)」【蘇妲己】

  • 山田章博「BEAST of EAST」【玉藻前】

  • わたなべまさこ「妖狐伝説」【華陽夫人、妲己、玉藻前】


    [テレビドラマ・映画]


  • 九尾の狐と飛丸(殺生石)」大映動画。1968年製作。演出・八木晋一、原作・岡本綺堂

  • 「九尾狐(クミホ)」大韓民国映画。1994年製作。パク・ホンス監督
    【クミホ】コ・ソヨン演じる妖怪。

  • 「九尾狐外伝」韓国ドラマ。キム・ヒョンイル演出。ファン・ソンヨン、イ・ギョンミ脚本
    【シヨン】キム・テヒ演じる九尾狐族の人物。 

  • ウルトラマンタロウ(ウルトラマンタロウの登場怪獣#狐火怪獣 ミエゴン|ミエゴン)

  • 忍者戦隊カクレンジャー(キュウビノキツネ)

  • 「千年狐ヨウビ(???? ???)」韓国アニメ。2007年製作。イ・ソンガン監督
    作品中では若い五尾狐として


    [ ゲーム ]


  • 任天堂/クリーチャーズ/ゲームフリーク「ポケットモンスター」【ロコン、キュウコン】

  • 任天堂「ゼルダの伝説 ムジュラの仮面」【キータン】

  • バンダイ「デジタルモンスター」【キュウビモン、ヨウコモン】 

  • ナムコ「ナムコクロスカプコン」【小牟(シャオムゥ)】

  • オービット「ヤミと帽子と本の旅人」【玉藻の前】

  • ivory (アダルトゲームブランド)|ivory「とらいあんぐるハート#とらいあんぐるハート3 〜Sweet Songs Forever〜|とらいあんぐるハート3」【久遠】

  • 上海アリス幻樂団「東方Project」【八雲藍】

  • クローバースタジオ「大神」【キュウビ】

  • カプコン「ロックマンゼロ」【キュービット・フォクスター(ロックマンゼロ3ボスキャラクター)】

  • セガ「アヴァロンの鍵」【レイコーン】

  • propeller「あやかしびと」【如月すず、静珠、幻咬、天、中、逢難】

  • ハドソン「天外魔境 ZIRIA」【タマモ姫、キュウビ】

  • ネクストン|しゅこあ!「おキツネSummer 〜夏合宿・女の子付き〜」【鈴緒】

  • アリスソフト「戦国ランス」【お町】

  • アルファ・システム「俺の屍を越えてゆけ」【九尾吊りお紺】

  • ジェネックス、ジャレコ「ちゅ〜かな雀士てんほー牌娘」【白面金毛九尾の狐

  • ソニー・コンピュータエンタテインメント|SCE「ワイルドアームズシリーズ」【メイジフォックス】



    関連項目


  • 殺生石

  • 南総里見八犬伝

  • 日本の妖怪の一覧



    外部リンク


  • 貴重書『たま藻のまへ』画像京都大学附属図書館所蔵)

  • 青空文庫
    『中国怪奇小説集・捜神記(六朝)』 岡本綺堂著
    『玉藻の前』岡本綺堂
    『殺生石』楠山正雄

    Quotation:Wikipedia - Article - History  License:GFDL


  • posted by 龍 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。