2008年03月31日

妖怪[雨女]

妖怪事典雨女


『今昔百鬼拾遺』
雨女(あめおんな)とは、雨を呼ぶ妖怪。及び、雨を呼ぶかのように思える女性をこう呼ぶ。



起源

元々、雨女とは、祈りによって雨を降らせる中国巫山の祈祷師のことで、妖怪ではなかった。それが、日本に入り、雨を呼ぶ迷惑な女の妖怪に変化。転じて、なにかをしようとすると、決まって雨が降る、或はそのように思える、不運な女性のことを雨女と呼ぶようになった。さらに転じて、同様の男性は、雨男などとよばれる。またこの対概念として、同様の時によく晴れるという、晴れ男、晴れ女がある。



雨男・雨女とする伝説のある人物


  • UA (シンガーソングライター)|UA - 歌手:雨女として有名で、野外ライブでしばしば雨を降らせるというジンクスがある。

  • 一青窈 - 歌手「二十一世紀の音霊」、フジテレビCS事業部|フジテレビ721、2006年7月23日* 青島幸男 - 作家、元東京都知事「雨男」青島幸男さんに550人別れ惜しむ、朝日新聞、2006年12月27日、東京朝刊、社会面

  • 榊原郁恵 - タレント突然の豪雨、稲妻、雷まで体験。私って究極の雨女!?、エッセ、2002年08月、p.162

  • 藤原紀香- 女優祝・ノリノリ紀香「結婚のカタチ」、週刊朝日、2007年3月2日、p.29

  • 宮部みゆき - 作家芥川賞・直木賞の贈呈式芥川賞・平野啓一郎氏/直木賞・宮部みゆき氏、毎日新聞、1999年2月23日、東京タ刊、6頁

  • 丹羽多聞アンドリウ - プロデューサー:撮影現場に行くとよく雨を降らせるという。



    その他

    語構成上類似した雪男、雪女は別種の民間伝承である。



    雨男・雨女がテーマの作品


  • 石川達三:『或る雨をんなの肖像』

  • 佐藤愛子 (作家)|佐藤愛子:『朝雨女のうでまくり』

  • 沢田ふじ子:『雨女-公事宿事件書留帳』

  • 泡坂妻夫:『雨女

  • 志茂田景樹:『雨にあえぐ女』

  • 高橋小夜子:『雨女〜歌集〜』

  • 漫画『ドラえもん』、てんとう虫コミックス34巻「雨男はつらいよ」
       この作品によると、野比のび太が軽い雨男、骨川スネ夫・野比のび助が強力な雨男となっている。

  • LADYBUG:『雨男』



    脚注





    関連項目


  • サツキマス|アマゴ:漢字では雨女


    Quotation:Wikipedia - Article - History  License:GFDL


  • posted by 龍 at 04:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。