2005年11月18日

妖怪[餓鬼]

妖怪事典餓鬼


餓鬼(がき)とは、亡者の中で餓鬼道に生まれ変わったものを言う仏典に見られる用語。
生前に贅沢をした者が餓鬼道に落ちるとされている。餓鬼は常に飢えと乾きに苦しみ、食物を手に取ると火に変わってしまうので、決して満たされる事がないとされる。痩せ細り、腹部のみが丸く膨れ上がった姿で描かれる事が多い。また、子供は貪るように食べることがあるため、その蔑称として餓鬼が比喩的に広く用いられる。



関連事項


  • 六道

  • 餓鬼(施餓鬼会、施餓鬼供養)

    Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL


  • posted by 龍 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。