2005年10月31日

妖怪[妖怪]

妖怪事典妖怪


妖怪(ようかい)とは、人間には理解できない奇怪で異常な現象を象徴する超自然的存在、もしくは常識から逸脱した振る舞いをし不可思議な能力を発揮する伝説上の存在のこと。鬼、天狗、河童など、伝承が数多く残っているため民俗学の分野での研究が進んでいる。古代から現代 (時代区分)|現代に至るまで、時代と共に様々な妖怪が人々の生活の中から生み出されてきた。古い妖怪には、神道の体系に組み込まれなかった古代の神が起源と思われるものもある。
多くは科学が発達しない時代に現象の説明として多く用いられてきた。例えば肛門の開いた水死体が発見された場合に河童が尻子玉を抜いたからだと説明つけるのはその例の一つである。また、山海経の影響を受けた妖怪が登場することなどで、海外から影響を受けたものもいる。
出版文化が発達する江戸時代ごろからは、黄表紙などによって盛んにキャラクターとして使われたり、また駄洒落などによって創作されたものも数多く存在する。鳥山石燕 などがその例であり、現代でも盛んに創作妖怪は作られる。
画題としてもよく描かれ、有名な妖怪を描いた絵師に歌川国芳、月岡芳年、河鍋暁斎、葛飾北斎などがおりまた、狩野派の絵手本としても『百鬼夜行図』が描かれた。現代でも都市伝説、と名を変え、口裂け女、トイレの花子さんのような新たな妖怪が誕生している。
また宇宙人、UFOも一種の妖怪であると考える場合もある。



創作の題材としての妖怪
妖怪は芸術・娯楽の分野で、作品の題材としても数多く扱われてきた。* 鳥山石燕 (1712年-1788年) - 『画図百鬼夜行』の作者。浮世絵師。

  • 上田秋成 (1734年-1809年) - 『雨月物語』の作者。国文学者、小説家。

  • 小泉八雲 (1850年-1904年) - 『怪談』の作者。小説家、英文学者。

  • 水木しげる (1922年-) - 『ゲゲゲの鬼太郎』の作者。漫画家。



    妖怪の学術的研究
    * 柳田国男

  • 井上円了

  • 小松和彦



    関連項目
    * 都市伝説

  • 日本の妖怪の一覧

  • 世界の妖怪の一覧

  • 伝説の生物一覧

  • 民俗学

  • 文化人類学



    参考文献


  • 江馬務著『日本妖怪変化史』

  • 柳田国男著『妖怪談義』講談社[講談社学術文庫]。ISBN 406158135X

  • 小松和彦著『日本妖怪異聞録』小学館[小学館ライブラリー]。ISBN 4094600736

  • 小松和彦著『妖怪学新考――妖怪からみる日本人の心』小学館ライブラリー。ISBN 4094601325

  • 小松和彦編『日本妖怪学大全』小学館。ISBN 4096262080

    Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL
  • posted by 龍 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月30日

    妖怪[烏天狗]

    妖怪事典烏天狗


    烏天狗(からすてんぐ)は、天狗の一種。大天狗と同じく山伏装束で、烏のような顔、黒い羽毛に覆われた体を持ち、自在に飛翔することが可能だとされる。剣術に秀で、鞍馬山の烏天狗は幼少の牛若丸に剣を教えたともいわれている。また、神通力にも秀で、昔は都まで降りてきて猛威を振るったともされる。そのモデルは大天狗同様、山伏や修験者などの山に住む修行者であったとか、山岳民族であったともいわれており、そういった山に住む人々に自然の猛威や山賊・盗賊の恐怖を重ねたものが烏天狗であると考えられる。




    関連する項目

    日本の妖怪の一覧


    Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL
    posted by 龍 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月28日

    妖怪[かしゃんぼ]

    妖怪事典かしゃんぼ


    カシャンボとは、紀伊南部で伝承される妖怪。山に移り住んだ河童が進化したものとする説が有力。一本足でぬかるんだ大地に謎の足跡を残す。2004年、和歌山県白浜町 (和歌山県)|白浜町の田畑で謎の足跡が発見され、カシャンボの仕業と報道された。

    Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL
    posted by 龍 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月27日

    妖怪[甘酒婆]

    妖怪事典甘酒婆


    甘酒婆(あまざけばば、あまざけばばあ)とは、長野県に伝わる老婆の姿をした妖怪。深夜に「甘酒はありませんか?」と民家を訪ね歩く。これに答えてしまうと病気になる。

    Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL
    posted by 龍 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月26日

    妖怪[九尾の狐]

    妖怪事典九尾の狐


    九尾の狐(きゅうびのきつね)は、尻尾が9つ生えた狐の妖怪である。代表的な九尾の狐として、白面金毛九尾の狐が存在する。九尾の妖狐や九尾狐、単純に九尾と呼ぶこともある。狐の妖怪の中で最高位の存在であるとされる。



    特徴

    紀元前2世紀から紀元3世紀頃にかけて中国で著された地理書『山海経』には実在とは思えぬ動植物の項が並んでいるが、その一書である南山経次一経の中に「有獣焉、其状如狐而九尾、其音如嬰児、能食人。食者不蠱。」とあるのが、九尾の狐に関する最初の記述と思われている。その後、中国の各王朝の史書に、九尾の狐はしばしば瑞獣としてその姿を見せる。日本において九尾の狐が知られるのは、「玉藻前」すなわち白面金毛九尾の狐に関する伝説が江戸時代に歌舞伎などの娯楽の題材としてよく採り上げられ広まったことによると見て間違いない。これによって日本では、九尾の狐と言えば玉藻前、玉藻前と言えば九尾の狐を指す代名詞となった。九尾の狐の姿は基本的に、狐に9つの尻尾が生えた状態だが、小説や漫画などの作品によって様々なバリエーションが存在する。たとえば姿が人間ではあるが腰のあたりから9つの尻尾が生えていたり、狐の魂などが結集したグロテスクな九尾の狐も存在する。多くの九尾の狐が女性やメスであり、男性の九尾の狐は少ない。色は金色や銀色、黒や白、狐色が多い。



    九尾の狐が登場する、または関連性のある主な作品


  • 「封神演義」(蘇妲己(そだっき)またの名を千年狐狸精(せんねんこりせい)、中国の小説、および藤崎竜作の漫画等)

  • 「あやかし天馬」(玉藻(たまも)、柴田亜美作の漫画)

  • 「うしおととら」(白面の者(はくめんのもの)、藤田和日郎作の漫画)

  • 「幽遊白書」(妖狐・蔵馬(くらま)、冨樫義博作の漫画)

  • 「ゲゲゲの鬼太郎」(水木しげる作の漫画、およびそれを基にしたアニメ)

  • 「GS美神 極楽大作戦!!」(タマモ、椎名高志作の漫画)

  • 「地獄先生ぬ〜べ〜」(玉藻京介(たまもきょうすけ)、岡野剛作の漫画)

  • 「上海妖魔鬼怪」(九尾社長(くおしゃちょう)、荒川弘作の漫画)

  • 「デジタルモンスター(デジモン)」(キュウビモン&ヨウコモン、バンダイのゲームに登場するキャラクター)

  • 「NARUTO」(九尾の妖狐(きゅうびのようこ)、岸本斉史作の漫画)

  • 「ポケットモンスター」(キュウコン、任天堂のゲームに登場するキャラクター)

  • 「九尾狐(クミホ)」(クミホ、大韓民国映画で、コ・ソヨンが演じ、登場する妖怪。1994年製作。パク・ホンス監督)

  • 「九尾狐外伝」(シヨン、韓国ドラマで、キム・テヒが演じる九尾狐族の人物。キム・ヒョンイル演出。ファン・ソンヨン、イ・ギョンミ脚本)

  • 「殺生石」(富樫 倫太郎作の小説)



    関連項目


  • 殺生石

  • 南総里見八犬伝

    Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL
  • posted by 龍 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月25日

    妖怪[鬼]

    妖怪事典


    日本語:おに#日本に伝わる頭に角がある赤や青の肌をした巨人であり伝説の生物一覧|伝説の生物。
    ・まるで 1. であるかのような、恐ろしい性格、特定の物事に恐ろしく卓越した能力、などを持つ人間や動物。「重馬場の」(競馬)、「脚」(競輪競技で、まくり戦法を得意とする選手。特に、かつての井上茂徳選手を指す。)、「キックの」(沢村忠)など。
    ・「かくれんぼ」「ごっこ」「だるまさんがころんだ」など特定の遊びで、人を捕まえる役割、後ろにいる人を当てる役割など、他のメンバーとは違う役割を担う人間。「避けるべきもの」のようなイメージで捉えられるため、必死でから脱出して他の一般の中に戻ろうとするところに、を使った遊びの醍醐味がある。
    ・特撮テレビドラマ作品『仮面ライダー響』に登場する変容能力を備えた人間。(→仮面ライダー響# (仮面ライダー)| (仮面ライダー))中国語:
    (クェイ)中国では死んだ人間の亡霊のこと。
    ・仏典での夜叉、餓、羅刹を中国語の漢字に翻訳したことば。
    本項では、日本語のおにについて説明する。
    ----
    (おに)は、日本の妖怪。
    一般的にという場合、幽霊や悪い精霊などのいわゆる「魑魅魍魎(ちみもうりょう)」の類とされているが、扱いとしては西洋で言う魔女に近い。その他、恐ろしい人をに例えることが多い。




    由来

    「おに」の語はおぬ(隠)が転じたもので、元来は姿の見えないもの、この世ならざるものであることを意味した。そこから人の力を超えたものの意となり、後に、人に災いをもたらす伝説上のヒューマノイドのイメージが定着した。さらに、陰陽思想や浄土思想と習合し、地獄における閻魔|閻魔大王配下の獄卒であるとされた。



    おにの姿

    最も知名度が高い姿は、頭に角と巻き毛の頭髪を具え、口に牙を有し、指に鋭い爪が生え、虎の毛皮の褌を腰に纏い、表面に突起のある金棒を持った大男である。これは、丑の方と寅の方の間の方角(艮:うしとら)を門と呼ぶことによるもので、牛の角と体、虎の牙と爪を持ち、虎の皮を身に付けているとされた。酒呑童子は赤毛で角があり、髭も髪も眉毛もつながっており、手足は熊の手のようであるとされている。
    は元々はこのような定まった姿は持っておらず、語源の「おぬ(隠)」の通り姿の見えないこともあった。まれには、見目麗しい男性の姿で現れて女を誘うことがある。
    現在のの姿は仏教の羅卒が混入したものである。



    具体的な(またはとされた人間)

    なぜか「童子」と呼ばれる者が多い。

  • 酒呑童子(しゅてんどうじ)

  • 茨木童子(いばらきどうじ)

  • ダイダラボッチ(別名 一つ目の神)

  • 嘉隆(くかみよしたか漢字はの字の上の点がないもの くきよしたかは俗名)の座右の銘 故に乗船する安宅船に付いた名が宿−後の日本丸)

  • 牛頭馬頭(ごずめず)

  • 速疾(そくしつき)

  • 独脚(Tokebi)など



    文学

    童話などにも数多く登場する。

  • 一寸法師

  • 桃太郎

  • 泣いた赤

  • 花咲じいさん


    [ 漫画 ]


  • 永井豪作品。しばしば、非情・非論理的な暴力の象徴としてしばしばとりあげ、がストーリーの中心となる作品も数作ある。
    -2889年の反乱-
    手天童子

  • 地獄先生ぬ〜べ〜

  • シャーマンキング

  • 切丸



    中国における「

    中国で(クェイ)という場合、死霊、死者の霊魂のことを指す。中国では、直接と呼ぶのはタブーであることから、婉曲して好兄弟ともいう。また日本にもこの思想が入っており、人が死ぬことを指して「籍に入る」などと言う言い方がある他、元来の意味合いと混交したイメージでも捉えられている。従って、中国語で「−」と言う表現は、必ずしも勇猛等を意味しない。戦前の日本軍で、ある将官が「将軍」と渾名され、当人は軍人として誇りにしていたが、実はその痩せた風貌を揶揄したものであったというエピソードがこれを物語る。文禄・慶長の役の際、島津義弘の率いる軍勢を明軍は「石曼子」と言って恐れたとの逸話においても「」はその勇猛さよりも、「神出没」の意味において使用されているものと思われる。また、中国の天文学や占星術としても、朱雀七星宿の一つの『宿』として用いられた。



    関連記事


  • 桃太郎

  • 節分

  • 日本のの交流博物館

  • 二十八宿                 



    外部リンク


  • の研究

  • サミット



    Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL
  • posted by 龍 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月24日

    妖怪[かしゃんぼ]

    妖怪事典かしゃんぼ


    カシャンボとは、紀伊南部で伝承される妖怪。山に移り住んだ河童が進化したものとする説が有力。一本足でぬかるんだ大地に謎の足跡を残す。2004年、和歌山県白浜町 (和歌山県)|白浜町の田畑で謎の足跡が発見され、カシャンボの仕業と報道された。

    Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL
    posted by 龍 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月23日

    妖怪[管狐]

    妖怪事典管狐


    管狐(くだぎつね)とは、伝承上・伝説の生物一覧|伝説の生物で、竹管のような細い筒の中に住む、小さく細長い日本の妖怪・妖精・精霊の一種。容姿は、名前の通り狐のような形をしている。別名、飯綱(いづな)とも言い、東北地方の霊能者や信州の飯綱使い(いづなつかい)などが持っていて、通力を具え、占術などに使用される。狐憑きの一種として語られることもあり、地方によって管狐を有するとされる家は「くだもち」と呼ばれて忌み嫌われた。管狐に竹管から出してほしいとせがまれて竹管から出すと、持ち主の近隣に農作物を不作にする、病人を出す、機の調子を悪くするなどの悪事を働くとされるが、これは西洋で魔女がなすとされる害悪と類似する。また、天狗に使役される使い魔ので、これを飼い慣らす事ができれば、大金持ちになることができるとされている。なお、「管狐」の語はイタチ科の動物オコジョの別名としてぁ bMQ$$$i$l$k!#



    関連項目


  • イタコ

  • 陰陽道

  • 祈祷・祈祷師

  • 日本の妖怪の一覧

  • イイズナ(イタチの一種)

    Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL
  • posted by 龍 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(2) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月22日

    妖怪[朧車]

    妖怪事典朧車


    朧車(おぼろぐるま)は日本の妖怪である。平安時代の京都で、貴族らが使用していた牛車の場所の取り合いによって亡くなった女の怨念が牛車に乗り移った妖怪。雲のかかった朧月の夜、道を歩いていると後ろから牛車の音がする。
    振り返ってみると普段暖簾のかかっている部分に夜叉の顔をした巨大な女の顔があったという。




    関連


  • 日本の妖怪の一覧

    Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL
  • posted by 龍 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月21日

    妖怪[おさん狐]

    妖怪事典おさん狐


    おさん狐(おさんわきつね)、またはおさんわ狐とは、美女に化けて妻帯者や恋人のいる男へ言い寄ってくる狐の妖怪。痴話喧嘩が大好き。恋路を邪魔する女性に対し、女狐と呼ぶのはこの妖怪が発祥。


    Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL
    posted by 龍 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月19日

    妖怪[烏天狗]

    妖怪事典烏天狗


    烏天狗(からすてんぐ)は、天狗の一種。大天狗と同じく山伏装束で、烏のような顔、黒い羽毛に覆われた体を持ち、自在に飛翔することが可能だとされる。剣術に秀で、鞍馬山の烏天狗は幼少の牛若丸に剣を教えたともいわれている。また、神通力にも秀で、昔は都まで降りてきて猛威を振るったともされる。そのモデルは大天狗同様、山伏や修験者などの山に住む修行者であったとか、山岳民族であったともいわれており、そういった山に住む人々に自然の猛威や山賊・盗賊の恐怖を重ねたものが烏天狗であると考えられる。


    Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL
    posted by 龍 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月18日

    妖怪[雨女]

    妖怪事典雨女


    雨女(あめおんな)とは、祈りによって雨を降らせる中国巫山の祈祷師のこと。正式には妖怪ではない。日本では一般的に雨女、雨男はどこかに行こうとすると決まって雨を降らせてしまうジンクスの持ち主の事を指す。


    Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL
    posted by 龍 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月17日

    妖怪[朧車]

    妖怪事典朧車


    朧車(おぼろぐるま)は日本の妖怪である。平安時代の京都で、貴族らが使用していた牛車の場所の取り合いによって亡くなった女の怨念が牛車に乗り移った妖怪。雲のかかった朧月の夜、道を歩いていると後ろから牛車の音がする。
    振り返ってみると普段暖簾のかかっている部分に夜叉の顔をした巨大な女の顔があったという。




    関連


  • 日本の妖怪の一覧

    Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL
  • posted by 龍 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月16日

    妖怪[あまんじゃく]

    妖怪事典あまんじゃく


    ''この項目は特定の版の削除が行われています。削除に関する議論はをご覧ください。''

    Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL
    posted by 龍 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月15日

    妖怪[あかまたー]

    妖怪事典あかまたー


    あかまたーは、若く麗しい漁師に化け、女性を言葉巧みに騙して殺すとされる沖縄の妖怪。蛇の姿をしているともいわれる。



    関連項目


  • 日本の妖怪の一覧

  • アカマタ


    Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL
  • posted by 龍 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月14日

    妖怪[油すまし]

    妖怪事典油すまし


    油すまし(あぶらすまし)とは、妖怪の一種。
    油瓶を持ち、すました顔をして突如出現しては、峠道を行く人々を驚かす。熊本県天草諸島にいるといわれる。人間の姿をしていわれる。人間の姿をしているが、頭だけが奇妙に大きく、身体中を蓑ですっぽりと包み、杖をついている。普段はどこに潜んでいるか見当もつかない。油を盗んだ人間の霊が化けたものといわれている。


    Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL
    posted by 龍 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月13日

    妖怪[雨女]

    妖怪事典雨女


    雨女(あめおんな)とは、祈りによって雨を降らせる中国巫山の祈祷師のこと。正式には妖怪ではない。日本では一般的に雨女、雨男はどこかに行こうとすると決まって雨を降らせてしまうジンクスの持ち主の事を指す。


    Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL
    posted by 龍 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月12日

    妖怪[あまんじゃく]

    妖怪事典あまんじゃく


    ''この項目は特定の版の削除が行われています。削除に関する議論はをご覧ください。''

    Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL
    posted by 龍 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月11日

    妖怪[蟻鞍の婆]

    妖怪事典蟻鞍の婆


    蟻鞍の婆(ありくらのばば)とは岐阜県高山市で伝承される老婆の姿をした妖怪。不思議な術を使う仙人のような存在として伝承されており、小烏山が噴火の予兆を示した際、7日目に祈りを捧げ山の鳴動を止めたり、温泉に馬の爪を投げ入れ、ただの水に変えてしまったりした、といった逸話が残されている。


    外部参照リンク
    国際日本文化研究センター「怪異・妖怪伝承データベース」アリクラノババ

    Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL
    posted by 龍 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月10日

    妖怪[一本だたら]

    妖怪事典一本だたら


    一本だたら(いっぽんだたら)とは、妖怪の一種。雪の降った翌朝、雪の上に足跡を残していく。足跡は30cmほどの巨大さで、片足だけの足跡が続いている。別の地方にも同種のものが出現し、雪入道、雪ん坊など呼ばれている。どんな場合も足跡だけであって姿を見た者は居ないが、1本足で一つ目、手が2本ある巨人 (伝説の生物)|巨人と想像されている。



    ダイダラボッチ

    熊野(和歌山県)の山中にしばしば出現するといわれる。片眼片脚の大男。 ダイダラボッチとも呼ばれている。 (→ダイダラボッチ参照)

    Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL
    posted by 龍 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。