2005年09月29日

妖怪[管狐]

妖怪事典管狐


管狐(くだぎつね)とは、伝承上・伝説の生物一覧|伝説の生物で、竹管のような細い筒の中に住む、小さく細長い日本の妖怪・妖精・精霊の一種。容姿は、名前の通り狐のような形をしている。別名、飯綱(いづな)とも言い、東北地方の霊能者や信州の飯綱使い(いづなつかい)などが持っていて、通力を具え、占術などに使用される。狐憑きの一種として語られることもあり、地方によって管狐を有するとされる家は「くだもち」と呼ばれて忌み嫌われた。管狐に竹管から出してほしいとせがまれて竹管から出すと、持ち主の近隣に農作物を不作にする、病人を出す、機の調子を悪くするなどの悪事を働くとされるが、これは西洋で魔女がなすとされる害悪と類似する。また、天狗に使役される使い魔ので、これを飼い慣らす事ができれば、大金持ちになることができるとされている。なお、「管狐」の語はイタチ科の動物オコジョの別名としてぁ bMQ$$$i$l$k!#



関連項目


  • イタコ

  • 陰陽道

  • 祈祷・祈祷師

  • 日本の妖怪の一覧

  • イイズナ(イタチの一種)

    Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL
  • posted by 龍 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年09月28日

    妖怪[川姫]

    妖怪事典川姫


    川姫(かわひめ)とは、精霊の一種。福岡県において、川に棲むとされている。美しい女の姿をしており、しばしば川のぞに出現して人の気持ちを引こうとするという。とくに若い男たちが川辺に集まっているときに出現しやすく、川姫の美しさに心を引かれた若者がいるとその精気を吸い取ってしまうといわれる。そこで、人々は川姫が出現するとすぐに下を向いて無視するという。


    Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL
    posted by 龍 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年09月27日

    妖怪[百々目鬼]

    妖怪事典百々目鬼


    百々目鬼(とどめき、どどめき。百目鬼(どうめき)とも)は、鳥山石燕の『今昔画図続百鬼』(巻之下 明)に記された妖怪。盗癖のある女性の腕に、盗んだ鳥目(金銭)の精が鳥の目となって無数に現れたのでこれを百々目鬼と呼んだ、とある。また、栃木県宇都宮市には藤原藤太秀郷が百目鬼と呼ばれる鬼を退治したとする伝承がある。秀郷に致命傷を与えられた鬼は本願寺の智徳上人の引導によって成仏し、その最後の地を百目鬼と呼ぶようになったという。

    Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL
    posted by 龍 at 05:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年09月25日

    妖怪[大鯰]

    妖怪事典大鯰


    大鯰(おおなまず)は、巨大なナマズの姿をした、日本の伝説の生物一覧|伝説の生物。地下に棲み、身体を揺することで地震を引き起こすとされる。

    Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL
    posted by 龍 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年09月24日

    妖怪[甘酒婆]

    妖怪事典甘酒婆


    甘酒婆(あまざけばば、あまざけばばあ)とは、長野県に伝わる老婆の姿をした妖怪。深夜に「甘酒はありませんか?」と民家を訪ね歩く。これに答えてしまうと病気になる。

    Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL
    posted by 龍 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年09月23日

    妖怪[すねこすり]

    妖怪事典すねこすり


    すねこすりとは、妖怪の一種。岡山県に棲む。夜に出現するのではっきり姿を見た者はいないが、全体的に小犬のような感じで、雨の日に限って、歩いている人の足元に寄って来て脚の間をすり抜けていく。何かが脚の間を通った感じが薄気味悪くて振り返っても、姿は見えないらしい。このするこすりの他に、綿のような物を通行人の脚に絡み付けて苦しめるという。姿は分からないが、尻尾を握った人がいるという。

    Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL
    posted by 龍 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年09月22日

    妖怪[産女]

    妖怪事典産女


    産女(うぶめ)は、妊婦の妖怪。死んだ妊婦をそのまま埋葬すると、「姑獲女ウブメ」になるという概念は古くから存在し、多くの地方で子供が産まれないまま妊婦が産褥で死亡した際は、腹を裂いて胎児を取り出し、母親に抱かせたり負わせたりして葬るべきと伝えられている。胎児を取り出せない場合には、人形を添えて棺に入れる地方もある。『百物語評判』「うぶめの事」、『奇異雑談集』「産女の由来の事」などに扱われ、多くは血に染まった腰巻きを纏い、子供を抱いて、連れ立って歩く人を追いかける。長崎県では「ウンメ」と言い、 若い人が死ぬとなるとも伝えられ、宙をぶらぶらしたり消えたりする、気味の悪い青い光として出現する。茨城県では、衣服を夜干しにすると、「ウバメトリ」が、わが子の着物と思ってその着物に乳をしぼるが、それには毒があると伝えられる。ウバメトリの名前に見える様に、人間の魂のシンボルである鳥として表現されることが多いが、瑞兆としての鳥ではなく、むしろ鵺(トラツグミ)と同じ凶鳥としての色彩が強ぁ $!#@6>t$J2P$d>l=j$,!"=w@-$r4wHr$9$k798~$OA49qE*$K8+$i$l$k$,!"$C$F!"8H3M=w$NJz$/@V;R$O!"cR$l$d^UFY$NI=>]$G$"$j!"$3$l$r'$($F$$$k4V!"$3$N;R$rJz$$$F$$$F$/$@$5$$!W$H!"DL$j$+$+$C$?6?;N$K:)4j$9$k;37ABgB"B<$N産女の話では、女の念仏が進むにつれて赤子は重くなったが、それでも必死に耐え抜いた武士は、以来、怪力に恵まれたと伝えられている。この話の姑獲女は波間から出てくる為、「濡女」としての側面も保持している。鳥山石燕の『画図百鬼夜行� !Y$G$O!"N>5$7$F$*$j!"Ha0%$r46$8$5$;$k$=$NB8:_$O!"8e@$!"$*4d$d$*5F$H$$$C$?9>8M$N1eNn$?$A$K7Q>5$5$l!"9>8M$N88A[J83X$K1F6A$r$"$?$($?!#



    関連する作品


  • 姑獲鳥の夏(うぶめのなつ) - 京極夏彦著

    Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL
  • posted by 龍 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年09月21日

    妖怪[キツネ]

    妖怪事典キツネ


    キツネ#日本の説話上のキツネ|日本の説話上のキツネの内容について
    このページに良く似た内容が掲載されてはいますが、どうやらwikipediaの方が先に記述されており、問題は無いようです。(参考:Internet Archiveのアーカイブ)  2005年6月20日 (月) 14:10 (UTC)

    Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL
    posted by 龍 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年09月20日

    妖怪[朧車]

    妖怪事典朧車


    朧車(おぼろぐるま)は日本の妖怪である。平安時代の京都で、貴族らが使用していた牛車の場所の取り合いによって亡くなった女の怨念が牛車に乗り移った妖怪。雲のかかった朧月の夜、道を歩いていると後ろから牛車の音がする。
    振り返ってみると普段暖簾のかかっている部分に夜叉の顔をした巨大な女の顔があったという。




    関連


  • 日本の妖怪の一覧

    Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL
  • posted by 龍 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年09月19日

    妖怪[小豆とぎ]

    妖怪事典小豆とぎ


    小豆とぎ(あずきとぎ)は日本の妖怪。別名、小豆洗い(あずきあらい)ともいう。



    名称の起源

    名称は地域によってアズキトギ、アズキアライ、砂洗いなど様々に呼ばれた。いずれも小豆や砂などを研ぐ音を連想させる名称となっている。




    地域

    ・山梨県境川村、藤垈の滝付近、新潟県は糸魚川、秋田県、群馬県、京都府、東京都など、出没地域は全国多数。




    特徴


  • 川のほとりで「小豆洗おか、人取って喰おか」と歌いながら小豆を洗う音につられて、近寄ってきた人を川底へ引きずりこむ。

  • 小豆を磨ぐ「ショキショキ」という音がしたので、「昔はこの辺に小豆とぎという妖怪がいたそうな」と話題にすると、川の方から「今でもおるぞ」という声と歌が聞こえたと伝える。聞いた人のその後は伝えられていない。

  • 糸魚川近辺の海岸は小砂利浜であり、夏にここに海水浴に来る人間が砂浜を歩く「ザクザク」という音が小豆を研ぐ音に酷似していた。




    関連する項目

    日本の妖怪の一覧




    外部リンク

    国際日本文化研究センター怪異・妖怪伝承データベース


    Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL
  • posted by 龍 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年09月18日

    妖怪[海難法師]

    妖怪事典海難法師


    海難法師(かいなんほうし)とは、伊豆七島に伝わる幽霊の一種。水難事故で死亡した者の霊とされる。盥にのって沖からやって来て、その姿を見たものは同様の死に様を晒すと言われている。ギリシャ神話に登場するゴルゴンの怪物メデューサと同じようなものだ。
    海難法師の事の起こりは江戸時代、寛永五年のことである。豊島忠松(とよしまただまつ)という悪代官が島民たちを苦しめてみなに憎まれていたという。そこで島の人々は忠松を殺すために、わざと海が荒れる日を選んで島巡りをするように勧めたのである。まんまと罠にはまった忠松は、言われた通りに海に出て波に呑まれて死んでしまった。それ以来、毎年旧暦の一月二十四日になると忠松の霊が海難法師となって島々を巡るのだという。だからこの日だけは決して外に出てはならず、人々は震えながら家にこもっていなければならないのだという。

    Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL
    posted by 龍 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年09月17日

    妖怪[甘酒婆]

    妖怪事典甘酒婆


    甘酒婆(あまざけばば、あまざけばばあ)とは、長野県に伝わる老婆の姿をした妖怪。深夜に「甘酒はありませんか?」と民家を訪ね歩く。これに答えてしまうと病気になる。

    Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL
    posted by 龍 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年09月16日

    妖怪[いわえつぅんない]

    妖怪事典いわえつぅんない


    いわえつぅんないとは、北海道アイヌ|アイヌ民族に伝承される妖怪で、岩や木など、あらゆるものを突き抜けて襲ってくる一つ目の妖怪。


    Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL
    posted by 龍 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年09月15日

    妖怪[鬼熊]

    妖怪事典鬼熊


    鬼熊(おにぐま)とは、年老いた熊のこと。熊は長寿の末、妖怪に変化すると考えられていた。


    Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL
    posted by 龍 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年09月14日

    妖怪[かしゃんぼ]

    妖怪事典かしゃんぼ


    カシャンボとは、紀伊南部で伝承される妖怪。山に移り住んだ河童が進化したものとする説が有力。一本足でぬかるんだ大地に謎の足跡を残す。2004年、和歌山県白浜町 (和歌山県)|白浜町の田畑で謎の足跡が発見され、カシャンボの仕業と報道された。

    Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL
    posted by 龍 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年09月13日

    妖怪[百々目鬼]

    妖怪事典百々目鬼


    百々目鬼(とどめき、どどめき。百目鬼(どうめき)とも)は、鳥山石燕の『今昔画図続百鬼』(巻之下 明)に記された妖怪。盗癖のある女性の腕に、盗んだ鳥目(金銭)の精が鳥の目となって無数に現れたのでこれを百々目鬼と呼んだ、とある。また、栃木県宇都宮市には藤原藤太秀郷が百目鬼と呼ばれる鬼を退治したとする伝承がある。秀郷に致命傷を与えられた鬼は本願寺の智徳上人の引導によって成仏し、その最後の地を百目鬼と呼ぶようになったという。

    Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL
    posted by 龍 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年09月12日

    妖怪[馬の足]

    妖怪事典馬の足


    馬の足(うまのあし、妖怪・うまのあし)とは、夜道を歩いているときに遭遇するといわれる妖怪。馬の足が木の枝に何故かぶら下がっているような姿で出現し、不用意に近づくと蹴り飛ばされるといわれる。




    関連


  • 日本の妖怪の一覧


    [ 馬に関する妖怪 ]


  • 厩神

  • 馬憑き

  • さがり (妖怪)|さがり

    Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL
  • posted by 龍 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年09月10日

    妖怪[鬼]

    妖怪事典


    ・日本に伝わる頭に角がある赤や青の肌をした巨人であり伝説の生物一覧|伝説の生物。
    (クェイ)中国では死んだ人間の亡霊のこと。
    ・まるで 1. であるかのような、恐ろしい性格、特定の物事に恐ろしく卓越した能力、などを持つ人間や動物。「重馬場の」(競馬)、「脚」(競輪競技で、まくり戦法を得意とする選手。特に、かつての井上茂徳選手を指す。)、「キックの」(沢村忠)など。
    ・「かくれんぼ」「ごっこ」「だるまさんがころんだ」など特定の遊びで、人を捕まえる役割、後ろにいる人を当てる役割など、他のメンバーとは違う役割を担う人間。「避けるべきもの」のようなイメージで捉えられるため、必死でから脱出して他の一般の中に戻ろうとするところに、を使った遊びの醍醐味がある。
    ・特撮テレビドラマ作品『仮面ライダー響』に登場する変容能力を備えた人間。(→仮面ライダー響# (仮面ライダー)| (仮面ライダー))
    ・仏典での夜叉、餓、羅刹のこと。
    本項では、主に 1.2. について説明する。
    ----
    (おに)は、日本の伝説の生物一覧|伝説上の生き物。
    一般的にという場合、幽霊や悪い精霊などのいわゆる「魑魅魍魎(ちみもうりょう)」の類とされているが、扱いとしては西洋で言う魔女に近い。その他、恐ろしい人をに例えることが多い。




    由来

    「おに」の語はおぬ(隠)が転じたもので、元来は姿の見えないもの、この世ならざるものであることを意味した。そこから人の力を超えたものの意となり、後に、人に災いをもたらす伝説上のヒューマノイドのイメージが定着した。さらに、陰陽思想や浄土思想と習合し、地獄における閻魔|閻魔大王配下の獄卒であるとされた。



    おにの姿

    最も知名度が高い姿は、頭に角と巻き毛の頭髪を具え、口に牙を有し、指に鋭い爪が生え、虎の毛皮の褌を腰に纏い、表面に突起のある金棒を持った大男である。これは、丑の方と寅の方の間の方角(艮:うしとら)を門と呼ぶことによるもので、牛の角と体、虎の牙と爪を持ち、虎の皮を身に付けているとされた。酒呑童子は赤毛で角があり、髭も髪も眉毛もつながっており、手足は熊の手のようであるとされている。
    は元々はこのような定まった姿は持っておらず、語源の「おぬ(隠)」の通り姿の見えないこともあった。まれには、見目麗しい男性の姿で現れて女を誘うことがある。
    現在のの姿は仏教の羅卒が混入したものである。



    具体的な(またはとされた人間)

    なぜか「童子」と呼ばれる者が多い。

  • 酒呑童子(しゅてんどうじ)

  • 茨木童子(いばらきどうじ)

  • ダイダラボッチ(別名 一つ目の神)

  • 嘉隆(くかみよしたか漢字はの字の上の点がないもの くきよしたかは俗名)の座右の銘 故に乗船する安宅船に付いた名が宿−後の日本丸)

  • 牛頭馬頭(ごずめず)

  • 速疾(そくしつき)

  • 独脚(Tokebi)など



    文学

    童話などにも数多く登場する。

  • 一寸法師

  • 桃太郎

  • 泣いた赤

  • 花咲じいさん


    [ 漫画 ]


  • 永井豪作品。しばしば、非情・非論理的な暴力の象徴としてしばしばとりあげ、がストーリーの中心となる作品も数作ある。
    -2889年の反乱-
    手天童子

  • 地獄先生ぬ〜べ〜

  • シャーマンキング




    中国における「

    中国で(クェイ)という場合、死霊、死者の霊魂のことを指す。中国では、直接と呼ぶのはタブーであることから、婉曲して好兄弟ともいう。また日本にもこの思想が入っており、人が死ぬことを指して「籍に入る」などと言う言い方がある他、元来の意味合いと混交したイメージでも捉えられている。従って、中国語で「−」と言う表現は、必ずしも勇猛等を意味しない。戦前の日本軍で、ある将官が「将軍」と渾名され、当人は軍人として誇りにしていたが、実はその痩せた風貌を揶揄したものであったというエピソードがこれを物語る。文禄・慶長の役の際、島津義弘の率いる軍勢を明軍は「石曼子」と言って恐れたとの逸話においても「」はその勇猛さよりも、「神出没」の意味において使用されているものと思われる。また、中国の天文学や占星術としても、朱雀七星宿の一つの『宿』として用いられた。



    関連記事


  • 桃太郎

  • 節分

  • 日本のの交流博物館

  • 二十八宿                 



    外部リンク


  • の研究

  • サミット



    Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL
  • posted by 龍 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年09月08日

    妖怪[おとら狐]

    妖怪事典おとら狐


    おとら狐(おとらぎつね)とは、愛知の民話に登場するおとらという娘に取り憑いた狐の妖怪。身上話を人に聞かせるのが大好き。


    Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL
    posted by 龍 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年09月07日

    妖怪[小豆とぎ]

    妖怪事典小豆とぎ


    小豆とぎ(あずきとぎ)は日本の妖怪。別名、小豆洗い(あずきあらい)ともいう。



    名称の起源

    名称は地域によってアズキトギ、アズキアライ、砂洗いなど様々に呼ばれた。いずれも小豆や砂などを研ぐ音を連想させる名称となっている。




    地域

    ・山梨県境川村、藤垈の滝付近、新潟県は糸魚川、秋田県、群馬県、京都府、東京都など、出没地域は全国多数。




    特徴


  • 川のほとりで「小豆洗おか、人取って喰おか」と歌いながら小豆を洗う音につられて、近寄ってきた人を川底へ引きずりこむ。

  • 小豆を磨ぐ「ショキショキ」という音がしたので、「昔はこの辺に小豆とぎという妖怪がいたそうな」と話題にすると、川の方から「今でもおるぞ」という声と歌が聞こえたと伝える。聞いた人のその後は伝えられていない。

  • 糸魚川近辺の海岸は小砂利浜であり、夏にここに海水浴に来る人間が砂浜を歩く「ザクザク」という音が小豆を研ぐ音に酷似していた。




    関連する項目

    日本の妖怪の一覧




    外部リンク

    国際日本文化研究センター怪異・妖怪伝承データベース


    Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL
  • posted by 龍 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。